上腕骨外側上顆炎 (テニス肘、ゴルフ肘)

上腕骨外側上顆炎 (テニス肘、ゴルフ肘)
肘の外側(上腕骨外側上顆(じょうわんこつがいそくじょうか)には、手首を伸ばしたり、指を伸ばす筋肉が付いています。この筋肉の使い過ぎで、上腕骨外側上顆に負担が掛かり、炎症を起して痛みが出ます。バックハンドテニス肘とも呼びます。 テニスやゴルフをする人や、最近ではパソコン仕事の人もなり易い怪我です。ラケットやクラブを振る際、雑巾を絞る際、キーボードとたたく際などに、肘の外側から手首にかけて痛みが出ます。またこの部分を押しても痛くなります。最初はラケットを振った時にだけ痛みが出るのですが、放っておいたり悪化したりすると、手首を動かすだけでも痛みが出ます。長い方は1年以上痛みが続いてしまう人もいます。

パソコンのやりすぎ、テニスの大会に出た等で「いつから、どのようにして痛くなったか」を把握します。次に治療です、最近プロの選手が取り入れ始めているプロテクノPNFという治療器を使い、原因となっている筋肉をより深部までほぐしていきます。一番大事なのは生活でいかにして肘負担を減らすかです。当院では生活に合った過ごし方、ストレッチ、サポーター、テーピング等を選択し負担を最小限に抑える指導を行っていきます。

近日中に更新
This entry was posted in 症例と治療実績. Bookmark the permalink.

Comments are closed.