物損事故の示談について

こんにちは、もみの木整骨院です。

 

今回は交通事故の示談についてです。

 

交通事故が起きるとほとんどのケースで最終的に示談をします。

補償が終了する際に示談が成立していなければ裁判の流れになるためです。

 

交通事故の案件が終えるときに示談は必須となるため、示談と言われても驚かなくても大丈夫です。どんなに小さな交通事故でも最後は「示談」で終了します。

 

その際には人身と物損の事故は別々に示談をすることが多いです。

例えば、事故から1ヶ月で車の修理は終わったけど、身体の治療はまだ時間がかかりそうだ、というときです。保険会社から車の修理費用が支払われなければ、被害者は車が手元に戻ってきません。

 

このような事態を防ぐために、人身と物損は別々に進めていきます。

 

車の修理が完了すると保険会社から物損に関する示談書が送付されてきます。

物損を示談してしまったら治療も終了してしまうのかと思われる方も多いですが、人身とは別のものですので安心してください。物損の示談をしないと修理費用が滞ってしまうので、支払内容に問題がなければ物損は示談して大丈夫です。

 

 

何かお困りのことがありましたらいつでもご連絡くださいませ。

This entry was posted in ニュース. Bookmark the permalink.

Comments are closed.