交通事故当日に警察に連絡しなかったら

こんにちは、もみの木整骨院です。

 

今回は交通事故で事故発生後に警察を呼ばなかった場合についてです。

 

基本的には警察を呼んで調書を取ってもらわないとケガの補償はされません。

 

しかし、事故の衝撃が弱かったりするとその時は痛みが無くなんともないと思い警察を呼ばずに済ませてしまうことがあります。

 

何の問題もなければよいのですが、後々体の痛みが出現してしまう事が厄介になります。

 

交通事故を起こした当日に警察を呼ばないとケガでの治療の補償がうけれないのかというとそういうわけではありません。

 

相手の連絡先を控えていて事故発生から2週間以内の条件がそろっていればで通常通りの補償を受けることができます。

 

後日、警察へ交通事故が発生したことを報告して、双方がともに現場で状況を説明して調書を取ってもらえれば交通事故だと証明されますが、基本的にケガは交通事故から2週間以上経過してからでは交通事故との因果関係が認められません。

 

ですので、痛みが出現したら直ちに警察と相手に連絡をして、痛めたところを病院の医者に診てもらって診断書を発行してもらいましょう。

当院でも治療はできますが、これらの条件を満たさなければ交通事故治療で補償は出ません。

 

当日に警察を呼ばなかった場合は色々と複雑になりますので、事故がないのが一番ですが万が一交通事故にあってしまった時は警察に必ず連絡しましょう。

 

 

This entry was posted in ニュース. Bookmark the permalink.

Comments are closed.