交通事故治療のムチウチと頭痛

こんにちは、もみの木整骨院です。

 

今回は交通事故後に出現するムチウチからくる頭痛についてです。

 

首への衝撃でのケガは車の追突事故やバイクでの事故などの様々な状況でおきます。

首は大きく動かせる関節なので、強い衝撃を受けると前後や左右に大きく振られてしまい深いところまで衝撃が達し負傷してしまいます。

ムチウチにより強い痛みもありますが、頭痛も高確率で発症します。

 

激しく揺さぶられた筋肉の神経は興奮し緊張状態が続いてしまい筋肉は固くなり血管を圧迫してしまいます。圧迫された血管は血液が流れる際の拍動(ドックンドックン)のたびに痛みが出たり、血行が悪いので常に圧迫されたような痛みが出現します。

むち打ちの典型的な症状に頭痛があるため、少しでも痛みが出たら早めに治療しなくてはいけません。

 

普段から頭痛がある方も交通事故で衝撃を受けたとしたらさらに悪化することもあります。 頭痛の頻度と強さが増す危険度が大きくなるのです。

ムチウチによる頭痛はすぐに治るものではありませんが、根気よく治療すれば症状は徐々におさまることが多いで、お困りの方は当院へご相談下さい。

This entry was posted in ニュース. Bookmark the permalink.

Comments are closed.